いきなりステーキで糖質制限|【肉で肉を食べろ】

スポンサーリンク
ビッグバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

どうも!
kendomanです!

今回は
いきなりステーキで糖質制限|【肉で肉を食べろ】
について、お話ししますね!

読者
「家族でランチ。外食にでかけたが、糖質制限してる僕はいったい何を食べたらいいのやら?食べるものあるの?」

この記事は、こんな悩みをお持ちの方に読んでもらえたらと考えてます。

★本記事の内容★

● 外食チェーン店の1つ、いきなりステーキでの糖質制限メニューがわかる。

いきなりステーキに行った次の日は、このようになりましたよ。

こんな感じでした!

スポンサーリンク

糖質制限してる人は、
いきなりステーキで、
何食べる?

お金がある方は、ディナーでもよいのですが、リーズナブルなランチメニューをお勧めします。

なかでも、

●いきなりステーキ450g
●ライス抜き
●コーンをブロッコリーに変更

がおすすめです。

450gのステーキは、こんな感じ!

↓↓↓

Kendomanはおいしいと思ったのですが、同じ職場の同僚に尋ねてみると、

●肉が、硬すぎてダメだ。
●肉をしっかり焼くように言われたけど、半焼けになってしまう。そのまま食べようとしたら、肉汁が血のように思えてきて、さっぱり食べれなかった。


等という、反論もありましたね。

確かに、適度な油と赤身のバランスがいい和牛が好きな方は、ちょっと抵抗があるかもしれません。

でも、Kendomanは和牛の油っぽさが少し苦手な部分でした。だからかな、いきなりステーキの赤身の多い肉が新鮮に思えました。

また、硬いといいますが、自分にとっては、噛み応えのあるちょうど良い硬さかなと思いました。

そういうことで、いきなりステーキ450gをライス抜きで、しっかり食べるのが楽しいのかなと思いました。

あとは、反論の方はだいたいソースをたくさんかけてたみたいです。肉ひとつひとつに味付けを変えて、飽きずに最後まで楽しむ食べ方も試してみても良いのかなとも思いました。

いきなりステーキでの
食べ方は?

メニューをオーダーすると、先に出てくるのは、サラダとスープになります。

このサラダにドレッシングをかけ、野菜のシャキシャキ感を楽しみます。

スープにも、目をやると、おっとお宝のお肉発見。こういったのも、ささやかな楽しみではないでしょうか。

テレビ東京系列のドラマにあります、松重さん主演の孤独のグルメでの食べ方。

いきなりソースをドバドバとかけるのではなく、肉一つずつに味付けしながら楽しむのが、おいしい食べ方ですね。

いきなりソースで、肉達を溺れさせてはいけませんよ。

ちなみに、うちの奥さんは、肉を泳がせてましたね。

味付けの順番としては、

塩コショウ
からし
わさび
ニンニク
わさびしょうゆ
ニンニクしょうゆ

という感じですかね。

やはり、甘口ソースいきなりソースは、糖質制限に慣れてきた方には、甘すぎて口に合わないかもしれませんね。

食べるとするなら、味が濃いので、終盤がよいかと。

それでは、
お肉いただきます。

まずは、塩コショウで。

元々、塩コショウで焼かれているのかな。
味はついてるけど、ちょっともの足らないかな。

塩コショウかけてみたら、
すごくおいしい。
シンプルな味で、
肉のうまみと塩コショウの香りが
口の中に広がって最高!

次にワサビ。

ちょっと、風味がイマイチなような。
好みにもよるのですが、
多めに乗せた方がよいかもです。
今度、マイわさび持ってこよう。

続いて、からし。

これは、おいしい。
以外においしかったので驚いた。

ニンニク。

うん。おいしい。
次の日、仕事もあったので、遠慮してしまったけど、ガッツリいったほうが良かったかなと後悔。

そして、わさび醤油とニンニク醤油。

ニンニク醤油もわさび醤油も、
なかなかおいしい。

わさび醤油といえば、刺身かなと思ってだけど、ちょっと考え方変わりましたね。

次に焼肉へいくことあったら、
焼肉のタレじゃなくて、
わさび醤油でいこうかなと決意。

肉にご飯ではなく、
まさに肉で肉を喰らう!

これがいきなりステーキでの食べ方ですかね!

そんな感じで、完食!!

ごちそうさまでした!

まとめ

冒頭で、次の日に体重が減ったと話したのですが、これには理由がありまして。

やはり、ランチで450gも食べたら、夜にはあまりお腹が空かなくなり、食べれなかったです。

そういうこともあり、体重が減ったのかと。

今日の記事はここまでです。

よろしければ、他の記事もお読みくださいね。

以上、
いきなりステーキで糖質制限|【肉で肉を食べろ】
についてのお話でした。

今回も最後までお読みいただいてありがとうございました!

Kendomanでした!

スポンサーリンク
(大)広告
(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする