糖質制限にアーモンド!【食べ過ぎ注意】

6 min

 

どうも!
kendomanです!

 

今回は
糖質制限にアーモンド!【食べ過ぎ注意】
について、調べてみました。

 

読者
「糖質制限にアーモンドはいいってよく聞くけど、何がいいの?けっこうカロリーが高いイメージあるけど大丈夫なの?逆に太らないの?どれぐらい食べたらいいの?」

 

この記事は、こんな悩みをお持ちの方に読んでもらえたらと考えてます。

 

★本記事の内容★

1.糖質制限中に食べるアーモンドの効果がわかる【メリット】
2.アーモンドを食べ過ぎたらどうなるかわかる【デメリット】
3.デメリットを回避するアーモンドの食べ方がわかる

 

実際に体重はこれだけ減りました。

 

 

でも食べ過ぎで、口角炎やヘルペスができました。

 

当初は、栄養バランスの問題かと思っていたのですが、
これにはアーモンドの食べ過ぎが関係していたようです。

 

糖質制限中のアーモンドについて、
メリット・デメリットの視点で
調べていきました。

 

糖質制限中にアーモンドを食べるメリットは?

 

よい脂肪がとれる

 

読者
アーモンドって、脂肪が多いんじゃないの?

 

ってよく言われます。

 

実際に含まれている量は、
100g中52.5gと言われています。

 

これは確かに高いです。

 

牛ばら肉でも100g含まれるぐらいですからね。

 

でも脂肪の割合は高いのですが、
含まれている脂肪は、
身体にいい脂肪なんです。

 

それは不飽和脂肪酸と呼ばれ、
オレイン酸やリノール酸があると言われています。

 

不飽和脂肪酸とは、
植物や魚に多く含まれ
身体によい作用をもたらす脂肪であると
言われています。

 

なかでもオレイン酸は、
悪玉コレステロール値の低下をもたらし、
身体の代謝をよくしてくれます。

 

リノール酸は、
身体に必要な脂肪酸である必須脂肪酸として、
血中コレステロールの低下や
動脈硬化の予防につながります。

 

確かにアーモンドには脂肪がたくさん
含まれるのは事実です。

 

しかし、それは体によい作用をもたらす脂肪酸であるので、
アーモンドは体によいものと言えるのです。

 

満腹感が得られる

 

アーモンドを食べたらしっかり満腹感が得られます。

 

アーモンドは木の実であることから、
ご存知、固い食べ物ですね。

 

そうすると固いからよく噛まないと食べれない。
しっかりかまないといけないんですよね。

 

咀嚼(噛むこと)をしっかりすることで、
より満腹感を得ることができるんです。

 

またアーモンドには不溶性食物繊維が多いとされています。

 

不溶性とは、水に溶けにくい素質をもつという意味です。

 

この水にとけにくい食物繊維が多いことで、
満腹感につながるのです。

 

空腹が長くなると、次に食べたときに血糖値の上昇が急になります。

 

そうなると、血中の糖が脂肪に変わりやすくなるのです。

 

そういったことを防ぐためにも、
小腹を満たすのにアーモンドは最適と言えます。

 

そういうことで、

アーモンドは満腹感を得やすく、
空腹を満たすのに最適といえるのです。

 

便秘が解消する

アーモンドは便秘を解消します。

 

前述しましたが、
アーモンドにふくまれる不溶性食物繊維が
含まれています。

 

その不溶性食物繊維が
便のかさを増やしてくれます。

 

そして、しっかり同時に水をのむことで、
さらに不溶性食物繊維が増えます。

 

それで便秘が解消するのです。

 

イライラを軽減する

アーモンドはイライラ感を軽減します。

 

空腹になるとだれでも
イライラすることがありますよね。

 

そのときに手軽に食べることで、
小腹を満たすことができる。

 

ちょっとした小腹を満たすことができるから、
そんな便利な使い方も可能です。

 

アーモンドは空腹によるイライラ感を
軽減させることができるのです。

 

むくみを予防する

アーモンドはむくみを予防します

 

アーモンドにはカリウムが多く含まれます。

 

カリウムは浸透圧を調整し、
水分を体外へ排出してくれる働きがあります。

 

そういうことで、ダイエットで特に女性におこりやすい
身体のむくみを予防してくれる働きがあるんです。

 

このような理由で、
アーモンドはむくみを予防します。

 

栄養がたっぷり

アーモンドには栄養がたっぷり含まれています。

 

アーモンドを食べることで
骨粗しょう症や貧血を予防したり
アンチエイジング効果を
見込めることができます。

 

アーモンドには、
タンパク質が含まれます。
タンパク質は、体をつくる栄養素ですね。

 

また亜鉛や鉄分のふくまれ、
これらは貧血予防になるといわれています。

 

そして、ビタミンEもふくまれており、
抗酸化作用によりアンチエイジング効果を
見込めることができる。

 

さらにカルシウムとマグネシウムが含まれていることから
骨粗しょう症予防になるとも言われています。

 

このように色んな種類の栄養素が
含まれているので
いろいろな症状や病気を予防することができるんですね。

糖質制限中にアーモンドを食べ過ぎると?デメリット

 

カロリーが高いのでダイエット効果がなくなる

カロリーは高いです。

 

100g中598kcalです。

 

しかし、
糖質制限はカロリーはあまり重要視されず、
糖質を重視されますので、
問題ではありません。

 

でもそれは一定の限度があります。
なんでもそうですが食べ過ぎはダメなんですね。

 

あと、味付けのアーモンドは、
カロリーの高さに拍車をかけますので注意。

 

とくにアーモンドは、
素焼きがいいのですが、
ローストしたてが一番です。

 

コンビニやスーパーにあるのは
なかなか風味がイマイチです。

 

やはり専門店でのローストしたての
アーモンドが一番かと思いました。

 

不溶性食物繊維が多いので下痢になる

メリットで説明した不溶性食物繊維ですが、
便秘の解消になるのですが、
これも食べ過ぎてしまうと
過剰に便が出過ぎてしまう
下痢になってしまうのです。

 

これも、食べ過ぎないことで防ぐことができるのかとも思います。

 

アルギニンが体内のヘルペスウイルスを増やす

今回、調べたことで一番勉強になったことです。

 

糖質制限を始めて、
どうしてヘルペスができてしまうのか?

 

という悩みがありました。

 

行きついた考えが、
栄養が足らないのか?

 

という考えでした。

 

そのため、
サプリメントを飲むようにしましたが、
なかなか完治しなかったです。

 

それもそのはず、
アーモンドに含まれているアルギニンが、
ヘルペスウイルスを増やす作用があるというのです。

 

あまりのアーモンドのおいしさに
アルギニンを過剰摂取し過ぎたのでしょう。

 

なるほど、現在(2019年1月31日)も唇がピリピリと
しており、ヘルペスの痛みにおびえているのです。

 

こちらのアルギニンのことについては、
また後日調べて、報告したいと思います。

 

そういうことで、
アーモンドの食べ過ぎは、
ヘルペスウイルスを増やす作用があるので、
注意ということですね。

おすすめのアーモンドの食べ方は?

 

タイミングは空腹になる前にどうぞ【おやつに】

空腹になってしまうと食べたときに血糖値の急な上昇があり、
血中の糖が脂肪にかわりやすくなってしまいます。

 

そのため、空腹になる前に少しずつたべるというのが効果的になります。

 

小腹がすく時間を自身で理解しておいて、
食べる感じですね。

 

食べるときは、
よく噛んで食べて、
たくさんの水を飲む。

 

これが、いいタイミングなんじゃないでしょうか。

 

最適量は1日に20~30粒がベスト【小分けにして】

一粒だいたい1gと言われています。

 

そのため、100g食べようとすると、
100粒ですか・・・。

 

そんなに食べれませんよね。

 

だいたいの1日量を小分けにしておいて、
持ち歩くというのもよいかと思います。

 

小分けにするのは、
ケースや
チャック付きのバッグ
などになるのかと思います。

 

硬便と空腹を防ぐために水といっしょに

水といっしょに食べましょう。

 

不溶性食物繊維がもつ水を含むとかさを増す作用を利用し、
便秘を解消するとともに空腹を満たします。

 

そのため、水をのまないと
逆に便が固くなる硬便の状態になってしまい
便秘の原因となってしまいます。

 

吸収をよくするために細かくする【無理だったらいいです】

細かくして食べると吸収がよくなります。

 

そのため、細かく砕いて、
サラダにかけるなどして
食感も含めてサラダを楽しむという
方法もあるようです。

 

チャック付きのバッグに入れて、
棒でトントンたたくといいでしょう。

まとめ

このように、
アーモンドを食べることによるメリットとデメリットを
紹介しました。

アーモンド自体のよさをひきだすために
食べ方をきちんとすれば
よりダイエット効果を認めることが
よくわかりました。

Kendoman自身、他人によく聞かれたのですが、
あまり詳しく説明できなかったのです。

でも、これでアーモンドの良さを
説明できそうです。

皆さんもこちらの記事を読んで、
より効果的なダイエットにお役立てください。

 

今日の記事はここまでです。

 

よろしければ、他の記事もお読みくださいね。

 

以上、
糖質制限にアーモンド!【食べ過ぎ注意】
についてのお話でした。

 

今回も最後までお読みいただいてありがとうございました!

 

kendomanでした!

カテゴリー:
関連記事