永谷晶久プロフィール【マツコの知らない世界】で紹介の埼玉うどんとは?

5 min

どうも!
Kendomanです!

 

今回は
永谷晶久プロフィール【マツコの知らない世界】で紹介の埼玉うどんとは?
のタイトルについて、お届けします。

 

マツコの知らない世界で埼玉うどんが紹介されます。

 

プレゼンをしてくれるのは永谷晶久さんです。

 

永谷晶久さんとはどのような人物なのでしょうか?

 

また埼玉うどんとはどのようなうどんなのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

ぜひともチェックしてみてくださいね!

 

永谷晶久のプロフィール

 

永谷晶久さんのプロフィールはこちらです!

 

出展先:https://ux.nu/cHfDG

 

氏名:永谷晶久(ながたに・あきひさ)
生年月日:1981年生まれ(今年で39歳)
出身地:千葉県松戸市
職業:某メーカー総務部勤務
公式サイト:TwitterfacebookInstagram

 

永谷晶久さんは、『埼玉を日本一のうどん県にする会』の会長を務めております。

 

youtubeTwitterなども更新されておりますね。

 

小学6年生から埼玉県入間市に住んでおり、入間市役所主催のイベントにボランティアスタッフとして参加したことをきっかけに、埼玉のうどんを盛り上げたいと考え、活動を始めたといいます。

 

永谷さんは、埼玉を日本一のうどん県にする会』の会長だけでなく、「東京大学うどん部(Twitter)」名誉顧問、「全国ご当地うどんサミット」スペシャルサポーターなども務めているようですね。

 

東大うどん部ということは、永谷晶久さんは東京大学出身かと思ってしまいましたが、実際にはどこの大学出身という情報は見つけることができませんでした。

 

埼玉うどんを広める活動の傍らで、書籍も発売しているようですね。

 

こちらに紹介しておきますね。

 

 

永谷晶久紹介の埼玉うどんとは?

 

永谷晶久さんが紹介する埼玉うどんの特徴はどのようなものなのでしょうか?

 

うどんで想像するのは、香川県の讃岐うどんですよね。

 

なんと、うどんの生産が全国2位なのだとか。

 

麦栽培の技術を確立して、小麦生産の基礎を築いた権田愛三さんも熊谷出身だそうです。

 

そのため、うどんと小麦の関係もあり、埼玉県がうどんの産地となっているのも理解できますよね。

 

埼玉のうどんとして代表的なのが、『熊谷うどん』だそうです。

 

出展先:https://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11019286/

 

熊谷うどんとは、じゃらんサイトに以下のように書かれておりました。

 

生産量県内一を誇る熊谷小麦はその香りの高さが特徴。この「熊谷産小麦」を熊谷で製粉した中力粉は、うどんを打つのに適度な粘りをもっています。小麦本来の風味と煮汁の染みこみやすさが特徴で、誰からも好かれる素直な味わいを楽しむことができます。

出展先:https://www.jalan.net/gourmet/gmn_0000000846/

 

いわゆるつけ麺のようなうどんなのでしょうか?

 

永谷晶久さんは、youtubeで武蔵野うどんについて、このような動画で伝えております。

 

 

永谷さんの熱い気持ちが伝わってきますね。

 

埼玉うどんの種類は?

 

どうやら埼玉うどんの種類を調べてみると、25種類もあるそうなんですね。

 

以下に例を挙げてみました!

 

  • 加須うどん
  • 熊谷うどん
  • こうのす川幅うどん
  • 煮ぼうとう
  • 鳩ケ谷ソース焼きうどん
  • 武蔵野うどん

 

こんなにたくさんの種類のうどんがあるんですね。

 

びっくりしました。

 

加須うどん

 

出展先:https://www.city.kazo.lg.jp/sports/kankou/udon/11218.html

 

埼玉県北東部に位置する加須市は昔ながら「手打ちうどん」が有名。江戸時代半ばに不動ヶ岡不動尊總願寺の門前で参拝客にうどんを振る舞ったのが始まりだと言われています。手打ちならではのコシの強さとのどごしの良さが特徴で、盛りうどんを冷たいつゆでいただくのが基本のスタイルです。また江戸時代から続くうどん食文化にちなんで、6月25日を「加須市うどんの日」と制定しています。

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

熊谷うどん

 

出展先:https://www.udon-summit-kumagaya.com/udon/30/

 

熊谷市ではグルメイベント「全国ご当地うどんサミット」が2017年から3回連続で開催されています。実は同市は、日本の小麦生産技術の功労者である“権田愛三”生誕の地であり、全国有数の小麦の産地なんです。そんな地場産の小麦をふんだんに使用した熊谷うどんは、香り豊かで食感がツルツル&モチモチなのが特徴!熊谷のこだわりが生んだご当地うどんです。

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

こうのす川幅うどん

 

出展先:https://travel-noted.jp/posts/13946

 

鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅が日本一であることにちなんで誕生したご当地うどんです。麺の幅が5cm以上であり、その見た目からメディアに取り上げられることもしばしば。2015年には「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で悲願の初優勝を獲得しています。箸で持ち上げるとかなりの重量があり、強めのコシとモチっとした食感が特徴です。見た目だけでなく食べ応えもバッチリ!

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

煮ぼうとう

 

出展先:http://www.fukaya-ta.com/niboto/

 

近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一が好んで食べたと言われる郷土料理。小麦を使った幅広の生麺を、地元特産の深谷ねぎをはじめとした地場野菜とともに煮込んだ冬の定番メニューです。野菜から染み出した旨みがたっぷりの出汁が麺の美味しさを引き立てます。山梨県にも似たような料理で「ほうとう」というものがありますが、「煮ぼうとう」は味付けが醤油ベースでかぼちゃが入っていないのが特徴です。

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

鳩ヶ谷ソース焼きうどん

 

出展先:http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/65950558.html

 

オイスターとかつおの旨みをベースにした、酸味と甘みのバランスがほどよい特製ソースが食欲をそそるB級グルメ。当時の鳩ヶ谷市長と商工会青年部がタッグを組み、町おこしのためのご当地グルメとして開発されました。味の決め手は、地元に工場があるブルドックソースと共同開発した特製ソースです。ソース好きが多いと言われる地元民からも愛されています。「日本5大焼きうどん」のひとつでもあります。

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

武蔵野うどん

 

出展先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%94%B5%E9%87%8E%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93

 

埼玉の県西部と東京の多摩地区が発祥の郷土料理で、非常にコシの強い「手打ちうどん」のこと。かつて江戸時代の武蔵野台地では、うどんはハレの日の行事食で各家庭でうどんを打つ習慣があったと言われています。大きな特徴は、つけ麺タイプであることと麺が太くやや茶色がかっていること。ダシが利いた醤油味の温かい肉汁に冷たいうどんをつけていただく「肉汁うどん」が人気です。

出展先:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

これは一部の埼玉うどんですね。

 

それでもかなりバラエティに富んだ内容でしたね。

 

そうなってくると番組ではどのような内容が放送されるのでしょうか?

 

マツコの知らない世界で紹介の埼玉うどんは?

 

実際に放送されましたら、また記事を更新しますね!

 

楽しみですね!

 

まとめのようなもの

少し調べただけで、こんなにたくさんの埼玉うどんがあるとは驚きましたね。

 

ほんとに放送が楽しみですね!

 

以上、
永谷晶久プロフィール【マツコの知らない世界】で紹介の埼玉うどんとは?
のタイトルについての記事でした!

 

最後まで、ご覧いただき、
まことにありがとうございました!

 

では、またお会いしましょう!

関連記事