『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第8話】あらすじ~旅行に誘われる まり~

2 min

どうも!
Kendomanです!

 

今回は
『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第8話】あらすじ~旅行に誘われる まり~
のタイトルについて、お届けします。

 

有名私立学校に通う子どもを持つ母親たちが繰り広げる、恋愛ドラマです。

 

今回は、【恋する母たち】第8話あらすじのネタバレを紹介します。

 

本記事は【文字のみ】のあらすじネタバレになります。

 

やはり本来の漫画の方がより楽しめますよ!

 

 

一つ前の第7話のあらすじはこちらです!

 

【恋する母たち】第8話あらすじネタバレ

 

蒲原まりは、今昔亭丸太郎にメールする場面から始まる。

昨夜の番組の感想と、また会いたいという内容を送る。

送信ボタンを押した後、すぐにジムで汗を流す。

 

 

石渡杏は、斉木からの不倫情報の話を聞き、まりの動向が気になって仕方がない。

仕事の合間に、まりに電話するが連絡がつかない。

 

 

同時に丸太郎もまりに連絡がとれずに焦っていた。

昼過ぎになり、丸太郎に電話するまり。

まりは、自分を求める丸太郎の気持ちを知って、わざと焦らしていたのだった。

カフェで電話するまりに、「いますぐ会いに行く」という丸太郎。

 

 

あっけにとられたまりだったが、すぐにメールをチェックすると、真剣にまりを求める内容があった。

それは、丸太郎の誠実さを感じ取れる内容で胸を打たれたのだった。

 

 

そして、まりの前に現れた丸太郎。

まりは、自分が丸太郎に恋をしていることに気づく。

 

 

まりの手を引き、散歩しようと誘い出す丸太郎。

その手をつなぐ様子をカメラに収めていたのは斉木巧だった。

路地に入った二人はキスをする。

まりも「会いたかった」と胸に内を伝えたのだった。

 

 

子どもの迎えの時間が迫っていたので、その場から離れようとするまりに、丸太郎は、温泉旅行に誘うのだった。

その場は、断ったまりだったが、結果的には返事は保留の状態だった。

 

 

自宅に戻り、家事をするが、頭から丸太郎が離れない。

旅行となると、どうなるのかと想像を働かせる。

 

 

そこに杏からの電話が入る。

杏から告げられたのは、「まりと丸太郎のことを感づいている人がいること」だった。

あきらかに動揺した。

杏からは、「会わせたい人がいる」との連絡だった。

 

 

 

まとめのようなもの

 

ついにまりは、丸太郎から旅行に誘われたのでした。

 

旅行となれば、関係が進展するに決まっている。

 

でも、会いたい。

 

どうすればいいのか?

 

まりはどんな結論を出したのでしょうか?

 

次が楽しみですね!

 

以上、
『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第8話】あらすじ~旅行に誘われる まり~
のタイトルについての記事でした!

 

最後まで、ご覧いただき、
まことにありがとうございました!

 

では、またお会いしましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください