『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第7話】あらすじ~彼からの告白~

2 min

どうも!
Kendomanです!

 

今回は
『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第7話】あらすじ~彼からの告白~
のタイトルについて、お届けします。

 

有名私立学校に通う子どもを持つ母親たちが繰り広げる、恋愛ドラマです。

 

今回は、【恋する母たち】第7話あらすじのネタバレを紹介します。

 

本記事は【文字のみ】のあらすじネタバレになります。

 

やはり本来の漫画の方がより楽しめますよ!

 

 

一つ前の第6話のあらすじはこちらです!

 

【恋する母たち】第7話あらすじネタバレ

 

息子・繁秋に、林優子からもらった想定問題集を勧める蒲原まり。

 

在宅中、子どもの世話をしているときに、今昔亭丸太郎から、着信が。

 

コンビニへ買い物と外出したまりは、丸太郎にコールバックする。

 

 

キスされてから、連絡が途絶えていたことで、丸太郎のことが気になっていた まり。

 

丸太郎からの電話でホッとする。

 

そして、丸太郎からは「まりに恋をした」と、告白を受ける。

 

さらに丸太郎のことが気になる。

 

 

子どもが寝静まった後、丸太郎出演の番組を見ながら、丸太郎への思いを募らせていた。

 

 

石渡杏も、息子の研に、優子からもらった想定問題集を薦めていた。

 

そこに斉木巧からのメールが入る。

 

翌日、電話でまりと丸太郎の不倫情報について聞かされて、愕然としたのだった。

 

 

まとめのようなもの

 

だめとわかっていながらも、結婚生活にほころびが出だすと、気持ちは止められなくなるんですね。

 

次はどうなるんでしょうか!楽しみですね!

 

以上、
『恋する母たち』原作漫画ネタバレ【第7話】あらすじ~彼からの告白~
のタイトルについての記事でした!

 

最後まで、ご覧いただき、
まことにありがとうございました!

 

では、またお会いしましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください