みずがめ座η流星群2020が見える角度・方角・時間のおすすめは?

3 min

どうも!
Kendomanです!

 

今回は
みずがめ座η流星群2020が見える角度・方角・時間のおすすめは?
のタイトルについて、お届けします。

 

毎年4月19日から5月28日ごろからみることができ、ゴールデンウィーク中にピークがみれるというのはみずがめ座η(エータ)流星群です。

 

ハレーすい星を母天体として、南半球では毎時50個の流星を確認することができますね。

 

このみずがめ座η流星群は、12年周期に出現数が増えると言われており、その周期が2020年~2022年ごろといわれていますので、2020年は期待できるんじゃないですかね!

 

そういうことで、みずがめ座η流星群をみるのに必要な情報であるおすすめの向き、角度、時間などを調べてみましたのでぜひともチェックしてみてくださいね!

みずがめ座η流星群とは?

出展先:https://twitter.com/i/events/860373098096345089

こちらはみずがめ座ですね。

 

一般的には秋の星座と言われていますね。

 

みずがめをかかえた男性が描かれています。

 

ギリシャ神話では、トロイアの国の美少年ガニメーデスとされています。

 

みずがめにある不老不死のお酒をうお座の口に注いでいるという形を描いているようですね。

 

そんな正座のηという星から、放射状に流星群があるとのことです。

 

ηはこちらです。下の図の輻射点の位置がηになります。

 

出展先:https://www.study-style.com/seiza/Aqr.html

この位置を中心にみることができるということですね。

 

それでは、もっと詳しく見ていきましょう!

そもそも流星群とは?

流星群を解説してくれている動画がありましたので、貼っておきますね。

3分程度のショートバージョンです。

5分程度のロングバージョンもありましたね。

すい星から出されたチリが、地球の大気とぶつかったときに気化して光る現象を流星(または流れ星)というそうです。

 

すい星が通るコースと地球が通るコースは一定です。

 

周期が決まっているので、チリが飛んでくる方角は一定です。

 

これを地球から見ていると、ある星座の一点から放射状に出ているように見えるので、その星座の名前を取って、〇〇座流星群というのです。

 

その、流星の数が一番多くなることを極大といいます。

 

この極大のタイミングに合わせて、空を眺めるのがみることができる可能性が高いということになりますね。

 

ちなみに、みずがめ座η流星群では、一時間に5~10と言われていますね。

 

だいたい、5分に1回ぐらい見れる計算ですね!

みずがめ座η流星群がみれるおすすめの向き・方角・角度は?

みずがめ座η流星群をみるためのおすすめの向き・方角・角度は、どちらでしょうか?

 

ずばり、どこからでもよいそうです。

 

空全体を眺めているのがいいそうですが、みずがめ座η流星群の放射点をみるのがおすすめだそうです。

 

つまり、この時期のみずがめ座がみれるのは南東の空ですが、かなり低い位置にあります。

 

南東の空の低い位置を見ていただければ、みれるということになりますね。

 

おすすめの時間帯を見ていきましょう!

 

みずがめ座η流星群がみれるおすすめの時間帯は?

2020年のみずがめ座η流星群がみれるおすすめの時間帯は、

 

2020年5月6日の午前5時ごろだそうです。

 

これは早起きしてみないといけませんと言いたいのですが、どうしても明け方ということであり、周囲の明るさに見えずらいことが予想されます。

 

そういうことで、ベストは、5月5日の0:00~明け方、もしくは5月6日の0:00~明け方がいいといわれているようですね。

 

ちょっと眠いかもしれませんがぜひ起きておいて、見たいですね。

 

みずがめ座η流星群がみれるおすすめの場所は?

星座をみるのに障害となるのが、街明かりなどの余計な光が星座を見えにくくしてしまいます。

 

だから、人工の光を避ける必要があります。

 

街明かりを避け、できるだけ標高が高い場所がいいとのことです。

 

皆さんの住まいの地域で探してみてはいかがでしょうか?

みずがめ座η流星群をみるのに必要な道具は?

みずがめ座η流星群をみるのに必要な道具は、特にありません。

 

双眼鏡とか望遠鏡とかは必要なく、肉眼で確認できるそうです。

 

ぜひご自分の目で確認してみてくださいね!

 

みずがめ座η流星群をみるのに必要な観察時間は?

流星群を見るのに必要な時間が一般的に15分程度空を眺めているのがベストだそうです。

 

明るいところから、暗いところに目が慣れるまで、やはり15分程度かかるようですので、それぐらいは眺めているのがよいようですね。

 

間違っても2~3分ぐらい見て、「あれ、もうないのかな」とあきらめないようにしてくださいね。

Twitterでは、どんな話題に?

ちょっと天気が厳しいようですね。

 

北海道と西日本ではチャンスがあるかもということですね!

まとめのようなもの

天気に左右されるかもですが、見れる方はぜひともチャレンジしてみてくださいね!

 

以上、
みずがめ座η流星群2020が見える角度・方角・時間のおすすめは?
のタイトルについての記事でした!

 

最後まで、ご覧いただき、
まことにありがとうございました!

 

では、またお会いしましょう!

関連記事