【9月新学期制】尾木ママが提唱!ネットの反応は?

3 min

どうも!
Kendomanです!

 

今回は
【9月新学期制】尾木ママが提唱!ネットの反応は?
のタイトルについて、お届けします。

出展先:https://www.jalan.net/news/article/278923/

 

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんが、9月新学期制を提案されましたね。

 

ネットでの反応はどうなっているのでしょうか?

 

調べてみました。ぜひともチェックしてみてくださいね!

 

尾木ママが9月新学期制を提唱!

昨今のコロナ情勢を受け、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹(73歳)さんが、9月新学期制を提唱されました。

小学校でクラスター発生―。恐れていたことが現実になったことを、尾木ママは重く受け止めた。「今後に向けて非常に大きな警鐘を鳴らす出来事だと思います。分散登校などの対応を取ったとしても、やっぱり3密は学校の宿命。密の塊なんです」

安倍首相による全国一斉休校要請の期間は現状では5月6日までだが、全国的に感染拡大する中で大型連休明けの再開は時期尚早との声は高まっている。クラスターが初めて確認され、さらに不安感は高まりそうだ。「5月上旬の再開なんて危険極まりないです。延期されなければ自主休校を選ぶ自治体や保護者は多いと思います」

延期すれば学習カリキュラムの進行は遅れる。公立中学教諭の経験を持つ尾木ママは「年度内にスケジュールを間に合わせることはできません」と断言。「だからピンチをチャンスに変えるべきなんです」と続けた。

持論とする「9月新学期制」を導入し、学校制度を抜本的に変えるべきと主張。「国際標準は9月。年度という縛りから逃れて世界に合わせるのは日本の教育にとって大きな転換点になります。文科省は本格的に議論を始めるべきです」

出展先:https://news.yahoo.co.jp/articles/ee8e492887b7b88650ba74180780b07a470e894c

確かに、9月新学期制となると、いろんなことをやり直せたり、欧米などと合わせることができるなど、いろんな利点がありそうですね。

 

ネットでの反応を見てみたいところです。

ネットでの反応は?

ネットでの反応は賛否両論のようですね。

 

賛成意見もありますし、反対意見もあります。

 

やや賛成意見の方も多そうですが、反対意見の皆さんの意見や問題点を抽出していくことが大切になるのかなとも思いました!

尾木ママのプロフィール

出展先:https://www.yomiuri.co.jp/kodomo/fromeditor/notice/20200303-OYT8T50052/

氏名:尾木直樹(おぎ なおき)
生年月日:1947年1月3日(73歳)
出身地:滋賀県坂田郡伊吹町
職業:教育評論家・法政大学名誉教授
テレビ番組:「ウワサの保護者会」「ホンマでっか!?TV」

教育に関して、いろいろな提案をされますね。

 

やさしいオネエ口調でいろいろなことを提案されますね。

 

今回の9月新学期制も世論に受け入れられるのでしょうかね!

まとめのようなもの

以上、
【9月新学期制】尾木ママが提唱!ネットの反応は?
のタイトルについての記事でした!

 

ネットでの反応は賛否両論のようですね。

 

しかし、一つの作戦としてはアリなのかなとも思いましたし、9月だけでなく、1年留年案など、他の作戦も考えておいた方がよいようにも思えましたね。

 

最後まで、ご覧いただき、
まことにありがとうございました!

 

では、またお会いしましょう!

関連記事